*

気になるしみとそばかす、その違いは?

顔にできてしまったしみ・そばかすは、顔の印象をガラリと変えてしまうので、とても気になりますよね。しみもそばかすも、同じように見えますが、根本的な違いはそのでき方にあります。

しみは、生まれつきのものではなく、紫外線による肌ダメージが蓄積されたり、加齢によるものであったり、ニキビ跡や皮膚の炎症など後天的なものが原因となってできるものです。

それに対してそばかすは、多くが遺伝性のもの。そばかすは、しみよりも小さい斑点で鼻や頬に出やすいのが特徴です。しみは若い時には出にくく、20代後半ぐらいから現れはじめることが多いです。

加齢とともにできやすくなりますが、そばかすは逆に子供のころからできて加齢とともに薄くなることもあります。



DI_IMG_5788500-thumb-815xauto-17945



しみ・そばかすの一番の大敵は紫外線!

できる過程や原因はまったく異なるしみとそばかすですが、どちらも対策は同じ。しみ・そばかすの一番の大敵は、なんといっても「紫外線」です。

紫外線を浴びた肌は、肌を紫外線から守るためにメラニン色素を作り出し、肌を黒くして防御しようと働きます。メラニン色素で肌が黒くなっても、通常は肌の新陳代謝(ターンオーバー)でメラニン色素は剥がれ、新しい皮膚が再生されます。

ですが加齢や肌ストレスなどなんらかの原因で肌の新陳代謝が正常に行われないと、メラニン色素がに肌に残り、色素沈着となり「しみ」となります。

そばかすも、紫外線を浴びることで濃くなる性質がありますので、しみ・そばかすのケアには紫外線対策が最も重要なのです。


しみ・そばかすのない、キレイな肌を目指すには!?

しみは、加齢とともにできるものであり、そばかすはほとんどが遺伝性で子供のころからあるもの。でき方の原因は違っても、どちらも「メラニン色素」が関係していることは同じです。

しみ・そばかすが今以上に増えないように、さらには目立たなくできるようにする対策方法は同じと考えてよいでしょう。一度できてしまったしみ・そばかすは完全に消えることはない、と思い込んでいる方も多いのでは?

ですが、「諦めるのは早いですよ!」日頃のケアで、しみ・そばかすを薄くしたり、完全に消すことだって不可能ではないのです。


CRI_IMG_6003-thumb-815xauto-15272



諦めない! 毎日のしみ・そばかす対策はコレ!

●紫外線を浴びないように
紫外線を浴びた肌は、防御としてメラニン色素を出します。これがうまく排出できずに蓄積されてできてしまうのがしみ。そばかすも、紫外線を浴びることで濃くなる性質がありますのでどちらも紫外線対策が大きなカギとなります。 紫外線は季節に関係なく一年中でていますので、夏だけでなく常に日焼け止めを塗ったり、日傘や帽子、サングラスなどでできるだけ紫外線を浴びないように心がけましょう。
●ビタミンをたっぷり摂る!
ビタミンCは美白効果があることでも知られていますが、メラニンの定着を防ぐ働きがあります。またビタミンEには新陳代謝を活発にする作用があるので、肌のターンオーバーを促進。 ビタミンA には肌の老化を防ぐ効果も期待できます。ビタミン類をたっぷり摂ることはしみ・そばかす対策にはもちろん、美肌づくりには欠かせない栄養素なのです。
●美白コスメでコツコツお手入れ!
美白コスメでお手入れしたからといっても、シミ、そばかすはすぐに消えるわけではありません。美肌になることをイメージして、諦めずに毎日、継続してお手入れすることがポイントです。

しみ、そばかすについて知る