しみ、そばかすの違いは? > 対策 > しみ・そばかすを防ぐ正しい紫外線対策は?

しみ・そばかすを防ぐ正しい紫外線対策は?

しみ・そばかす対策というと、今、できているしみ・そばかすを薄くすることに意識が行ってしまいがちですが、実は、今あるしみ、そばかすをこれ以上増やさないようにすることが一番のポイントです。

そのためにはどうしても『紫外線をブロックすること』が大事になってきます。紫外線は春~夏に出ているイメージが強いですが、日中は春夏だけでなくオールシーズン出ています。

意外と落とし穴なのが、冬の日中や曇りの天気。陽射しは強くなくても紫外線はじんわりと出ていますので、うっかり日焼けすることも多いのです。

完璧に紫外線をブロックするなら、雨の日以外は日焼け止めクリームを必ず塗り、さらに日傘や帽子などを使用しましょう。日焼け止めクリームは汗とともに流れ落ちると効果はなくなります。

ですから汗をかいたらこまめに塗り直すこと。面倒ですが、そこが明暗を左右する重要なポイントです。


31166b44896b725d14b63eaba39a5011_s

眼からも侵入する紫外線、サングラスは必須!

紫外線は肌だけでなく眼からも侵入します。衣服や帽子、日傘で皮膚をブロックしていても、眼から侵入した紫外線によりメラニンが生成され、肌まで日焼けをしてしまうのです。

さらに、眼のまわりの皮膚は他の部分に比べて非常に薄く、デリケート。紫外線をはじめ風、埃などさまざまなダメージを受けやすいので、皮膚を保護するためにもサングラスの使用がおすすめです。

サングラスを選ぶ際に注意したいのが、レンズの色。暗いほうが紫外線対策になるのでは、と、黒っぽいレンズを選ぶのは大きな誤解です。

暗い色のレンズだと、光を取り入れようと瞳孔が大きく開き、よりたくさんの紫外線を受けてしまいます。なので、レンズの色はクリアに近いほうがおすすめです。しかし、必ずUVカット仕様のレンズを選ぶことを忘れないでくださいね。